胸痛

このような胸の痛みには注意

このような胸の痛みには注意胸痛(胸の痛み)は、心臓・肺・胸膜・骨・神経・筋肉・気管支・血管・消化器など、様々な原因によって生じます。頻度の高い原因には、心臓や肺などの疾患があり、一刻を争う危険な状態の症状として起こることがあります。特に緊急性の高い疾患として、緊張性気胸、急性冠症候群、大動脈解離、肺塞栓症、食道破裂などがあります。急性冠症候群は、冠動脈の急性な閉塞によって起こる急性心筋梗塞などです。
突然発症し、焼けるような痛み・激しい痛み・キリキリするような痛み・胸全体に広がる痛みを生じた場合は注意が必要です。

痛みの原因を知るために必要なポイント

胸痛が現れた際は、可能な限り下記の内容をメモしておき、受診の際にお伝えください。

痛みの内容

刺すような痛み・鈍い痛み・圧迫されるような痛み・締め付けられるような痛み

痛みのある場所

左胸部・前胸部・背中・首や肩など胸から離れた場所・局所的

痛みの持続時間

瞬間・数分間・20分以上・数時間かそれ以上

痛みが起こる状況

動いた時・安静時・体位を変えた時・呼吸との関係・食事との関係

胸痛以外の症状

呼吸困難・発熱・冷や汗・吐き気・嘔吐

胸痛を伴う代表的な病気と特徴

心臓や血管の病気

狭心症

  • 階段を上る・歩くなどの労作時に、胸部中央から左側にかけて締め付けられるような痛みや圧迫感がある
  • 数分で消失
  • 首や肩などにも広がるような痛み(放散痛)や上腹部の痛みなどを起こすことがある

    狭心症へ

急性心筋梗塞

  • 急な胸部の激痛
  • 30分~数時間続く
  • 血圧低下、顔面蒼白、吐き気、冷や汗、呼吸困難などの症状が伴うこともある。

    心筋梗塞へ

大動脈解離

  • 突然起こる胸部の激痛(引き裂かれるような激しい痛み)
  • 背中から腰にかけての痛み、けいれん、足の痛み、腹痛、失神、意識障害などが起こることもある

肺や胸膜の病気

気胸

  • 突然の胸痛と息苦しさ
  • 深呼吸によって痛みが強くなり、痛みが続く
  • やせ型の若い男性に発症が多い(放散痛)や上腹部の痛みなどを起こすことがある

肺炎

  • 炎症が肺を包む胸膜に及ぶと、強い胸の痛みを生じる
  • 体力が低下している、免疫力が弱い、高齢者などの二次感染症として生じやすい

急性肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)

  • 急激な呼吸困難、胸痛、咳、血痰、血圧低下によるショック状態
  • 長時間同じ姿勢で座っているなどで足や骨盤内の静脈に血栓(血液の塊)ができ、血流で運ばれて肺の血管を塞ぐことによって生じ、突然死する可能性もある
  • 長時間座っていて足がむくんだ場合は注意が必要

胸膜炎

  • 発熱や悪寒、鈍い胸痛、呼吸による症状の変動
  • 細菌などの感染症が原因で発症

神経・筋肉・骨の病気

肋骨骨折

  • 安静時の鈍い痛み、体位変換・深呼吸・咳・圧迫などで痛みが増強

帯状疱疹

  • 胸にできた場合、片側の胸部肋間神経に沿って激しい痛みを伴う小さな水ぶくれが生じる
  • 3週間ほどで水ぶくれは治るが、痛みが長く残ることがある
  • 免疫力が落ちた際に発症しやすい

肋間神経痛

  • 突然、片側に起こる激しい痛み
  • 深呼吸や咳などにより痛みが増強することがある

消化器疾患

逆流性食道炎

  • みぞおちや胸骨付近に生じる焼けるような痛み
  • 嚥下困難、咳、胸焼けなどを伴うことがあり、横になると咳が続くこともある

心因性の病気

心臓神経症

胸痛・動悸、息切れなど
検査では異常が認められず、強いストレスがかかった際に症状を起こす

胸が痛いときに合併して起こる他の症状

胸痛と伴う症状についてお伝えいただくことで、より早く正確な診断が可能になり、適切な治療をスピーディに受けられる可能性が高くなります。
下記のような症状がある場合には、問診時に医師へお伝えください

左腕のしびれ

胸痛と連動して左腕のしびれが生じる場合、狭心症や心筋梗塞が疑われます。早急に循環器内科を受診してください。狭心症や心筋梗塞では、胸痛だけでなく様々な症状が現れ、特に左腕のしびれは頻度の高い副症状です。

肩が痛い

胸痛と連動して肩の痛みが生じる場合も、狭心症や心筋梗塞が疑われます。肩以外に、首、背中、あごなどに痛みが生じることもあります。また、心臓に問題がなく起こる心臓神経症でもこうした症状を起こすことがあります。まずは緊急性の高い疾患の有無を早急に調べる必要がありますので、この場合も早急に循環器内科を受診してください。

奥歯が痛い

狭心症や心筋梗塞では痛みが周辺に起こる放散痛を起こすことがあり、歯痛を起こすこともあります。狭心症で歯痛だけを起こすことはほとんどありませんが、狭心症や心筋梗塞リスクがある方で歯痛に軽い胸痛が伴う場合はまず循環器内科を受診するようお勧めしています。

胃やみぞおちのムカムカ

心筋梗塞では、胃やみぞおち周辺の心窩部に不快感が起こることがあり、消化器症状と勘違いされることがあります。また、消化器症状が食事と関係なく悪化する場合も、心筋梗塞の可能性があります。心筋梗塞では、胸痛がなく心窩部の不快感が起こることもありますので、適切な治療のためには、しっかり鑑別する必要があります。一般的に心疾患は消化器疾患に比べて緊急性が高いので、循環器内科をまず受診して問題がないか調べましょう。

息苦しい・呼吸困難

胸痛と息苦しさや呼吸困難があって、症状が徐々に悪化する場合、狭心症、心筋梗塞、心不全、気胸、胸膜炎、肺血栓塞栓症といった緊急性の高い疾患が疑われます。すぐに救急病院を受診してください。

ひどい咳

心疾患や胸膜炎、肺血栓塞栓症といった深刻な疾患で胸痛に咳が止まらない症状を起こすことがあります。緊急性が高いので、すぐに受診してください。なお、画像検査で異常が発見できない場合、骨、筋肉、神経などの問題で胸痛や咳を起こしている可能性があります。また、骨がもろくなる骨粗鬆症では、度重なる咳で肋骨の骨折やひびを生じているケースもあります。

くしゃみ

くしゃみをした際に胸痛が強くなる場合、肋骨の骨折やひびが疑われます。また、不自然な動きで肋間神経が筋肉に挟まれて痛みを生じる肋間神経痛も疑われます。肋間神経痛は薬物療法によってほとんどの場合には数週間で改善します。

  • 03-6425-6684
  •             03-6425-6684 03-6425-6684
keyboard_arrow_up